DJ Headhunterz(ヘッドハンターズ)

DJ Headhunterz-(ヘッドハンターズ)


Headhunterz(ヘッドハンターズ)経歴

Headhunterz(ヘッドハンターズ)オランダ出身1985年生まれのハードスタイルジャンル系のDJ.

本名Willem Rebergen。甘いマスクとは裏腹に速いテンポと強めのサウンドで人々を魅了する”ハードスタイル”を得意とし、本ジャンルにおいては圧倒的な知名度と人気を誇っている。2010年に初めてDJ MAGのランキングに名を連ねてから5年連続で選出されており、TomorrowLand,Electric Daisy Carnival,Ultra Music Festival等の大型フェスにも出演。Headhunterz(ヘッドハンターズ)が主催するレーベルの設立、そしてテレビドラマや映画で声優としても活躍するマルチな才能を開花させている。常に曲を通して感動を伝えたい、自らが音楽に救われた経験から人々の心に訴えかけられる曲作りを心がけている彼に今回は迫る! DJ Headhunterz-(ヘッドハンターズ) Headhunterz(ヘッドハンターズ)の音楽キャリアは9歳のときから始まりました。教会の聖歌隊に参加しており、そのレコーディングのときに初めてスタジオに入り、そこから歌を歌っていない時間はずっとそのレコーディングの様子を見るようになり、興味を持つようになりました。10歳のときには声優として多くの映画へ出演するようになり、現在もなおその活動は継続中。12歳の誕生日の際に初めてdj mixerをもらったそうです。そのころにDJを本格的にめざすことを決意し、知り合いからお金を借りてターンテーブルを購入し、こから17歳になるまでは自室に引きこもり、音楽製作活動漬けの日々を過ごすようになる。

Headhunterz(ヘッドハンターズ)の転機は2007年にDefqon.1 Festivalでプレイをしたことだ。初めて多くの観客の前でプレイしたこのステージは、今もなお、Headhunterz(ヘッドハンターズ)にとっても思い出深いステージとなっている。それ以降もハードスタイルを主とする多くのメジャーフェス Defqon.1 Festival, Qlimax, Q-Base, In Qontrol, Decibel等に出演。大手ハードスタイルをメインとするレコード会社Scantraxx records とのアーティスト契約と彼のキャリアは確固たるものへと成長して行く。同じくハードスタイル系のDJ WildstylezとのコラボレーションでアルバムProject Oneをリリース。これをきっかけに2010年にオランダツアーを敢行、多くのハードスタイルファンの支持を獲得し、初めてDJ MAGへランクイン。この年にハードスタイル系のNo1.DJとしての地位を確立し、彼の名前は世界中に広がるようになったのだ。 DJ Headhunterz-(ヘッドハンターズ) 来日回数も多く、ELE TOKYO,V2 TOKYO,KITSUNE KYOTO,ELECTROX,OWL OSAKAとプレイ実績は少なくはない。この人気でここまで来てもらえるアーティストも珍しいです!見れるときは決して見逃してはいけません。そもそもハードスタイルって何?って思う人、そのスタイルは名前の通り、激しい感じです。速いテンポとアグレッシブのサウンドがハードスタイルです。”俺やっぱりハードスタイル系好きなんだよね”と言えば、イケイケな感じの人を演出することも可能です。ちなみにハードスタイル系のDJとして名を馳せているHeadhunterz(ヘッドハンターズ)ではありますが、他のスタイルへのチャレンジを行っております。”僕は才能があるわけじゃないけど、学んで吸収することはできる”そう語ってHeadhunterz(ヘッドハンターズ)は新たなスタイルにも挑戦中!これに関しては多くのファンから物議を醸し、SNSとかでもめっちゃ炎上しておりました。今もなお彼のSNSには”いつハードスタイルに戻って来るねん!”とのコメントが殺到しております。ハードスタイルファンには残念きわまりないですが、新たなHeadhunterz(ヘッドハンターズ)に今後も目が離せません!

最後にはなりますが、Headhunterz(ヘッドハンターズ)の小ネタを紹介して行きます。小さいころをサッカーをしていたそうですが、9歳のころにはやめてたそうです。好きな日本食はお寿司です。初来日のときに二度と食べたくないと思うほど食べたそうですが、その後も普通に食べているみたいです。タトゥーいれてます。自分の人生で経験したことを残すという意味があるそうですが、いれるときは痛くてたまらないそうです。自分のことをちょっとカビゴンに似ていると思っているそうです。”泣く事は弱いからじゃない。心があるって意味なんだ。”とイケメンな台詞とかSNSで言っちゃいます。筆者も泣いた人を見かけたときは同じ事をこれから言おうと思います。最近見た泣いた人はiPhone6sを泥酔して無くした人です。同じ言葉をかけたら殴られそうです。

Headhunterz(ヘッドハンターズ)おすすめ曲

Steve Aoki & Headhunterz - The Power Of Now (Official Video)


Steve Aokiとのコラボ楽曲。ハードスタイル&重低音はぶち上がる事間違い無しです。フェス、クラブ、MP3プレイヤー、どこでどのように聞いてもいい感じです。間違いのない一曲なのでぜひ。MVではSteve AokiとHeadhunterzがバカンスを楽しんだり、ライブしたりしている映像が流れています。二人でパラセーリングしている姿は何か笑っちゃいます。筆者は絶対に男友達とふたりで乗らないようにします。何か恥ずかしいです。

R3hab & Headhunterz - Won't Stop Rocking (Official Music Video)


R3HAB(リハブ)とのコラボレーションの楽曲。こちらの楽曲はテンポよりもサウンドが激しく心を勇敢にしてくれるような印象を受けます。Headhunterz(ヘッドハンターズ)の楽曲を聴いていると正義の味方の勇敢な行進している姿を彷彿とさせてくれます。心を奮い立たせるとでもいうのでしょうか。こちらの楽曲もそうで、この筆者の感覚を理解してくれるととても嬉しいです。

Headhunterz & Crystal Lake - Live Your Life (Official Music Video)


DJ デュオCrystal Lakeのコラボ楽曲。タイトルの Live Your Lifeは自分の人生を生きろ!ってことです。そこまで聞いた事のないフレーズではないので、割愛します。しかし、今回上げた3曲の中で最もエネルギッシュな曲ではないでしょうか。MVに写ってるのはフェスなのかライブなのか…分かる人がいたらぜひ教えてください。すんごいいっぱい人います。これだけ、観客と距離が離れている中で普通サイズの二酸化炭素ガンを打っても観客には届きません。映像ではDJブース側から撮られていましたが、観客側から見たら”あいつ何してるんだ…?”ってなりそうです。

Headhunterz(ヘッドハンターズ)日本来日情報


JNC限定! ゲスト・クーポンページ.

ゲスト・クーポンで割引入場

JNC限定!全国のクラブ入場をお得にするクーポンを配布中!登録不要でクーポン画面を見せるだけで、特典割引入場が可能になります!特典・割引内容は各クラブ毎で異なるので、ぜひチェックしよう!

クーポン詳細ページへ

JNC Japan Nightclub Information

JNC(Japan Nightclub)は日本全国の有名箱からローカル店舗まで世界中に発信するサイトです。日本のクラブ文化を少しでも世界に、そして日本国内の人々にも旅先での新しい出会いのために、きっとあなたが好きなクラブが見つけられるサイト作りを心がけております。こんなクラブ情報が欲しい,ここのクラブ情報を掲載してほしいなどご気軽にお申し付けください。掲載をご希望される店舗ご担当者様もぜひお問い合わせください。日本クラブ業界を盛り上げ、クラブ情報を調べるなら"JNC"と言われるよう、最新情報を更新して参ります。みなさまのお問い合わせ、ご協力お待ちしております。